山口県の観光スポット、穴場スポット、グルメ&お土産情報を紹介しています。桜や紅葉、四季の花々等、目的別の旅もおすすめ。

本州最西端に位置し、三方を海に囲まれ自然美にあふれた山口県。
今日はどこを旅してみようかな♪

山口県の風景(美祢市)

二反田ため池の湿地植物群落

県内最大のカキツバタ自生群落として知られる、美祢市美東町赤郷二反田にある溜池。
表記には「二反田ため池の湿地植物群落」とあり、昭和51年に県の自然記念物に指定され昭和58年には美東町(当時)指定文化財(天然記念物)に指定されています。

カキツバタは絶滅の危険が増大していますが、草刈りなどの手入れにより毎年5月中旬から6月上旬にかけて紫や白の花が美しく咲いています。

二反田ため池の湿地植物群落湿地植物群落の広さは0.5ヘクタール。開花を迎える前には、地元有志のカキツバタを守る会により、清掃活動が行われている。
二反田ため池の湿地植物群落

ため池にはカキツバタを含め約15種類の植物がある。コウホネや、湿地帯のオオミズゴケがよく発達しており、貴重な学術的資料になっているようだ。

カキツバタは毎年5月中旬から6月上旬にかけて紫や白の花が美しく咲く。
二反田ため池の湿地植物群落

カキツバタは絶滅の危険が増大している種とうことでレッドデータブック(RDB)の絶滅危惧U類に属している。

二反田ため池も、森林伐採で土砂が流入したことによって湿地帯が縮小し、一時は半分まで減ったんだとか
二反田ため池の湿地植物群落

減少を止めるべく、2000年に発足したのがカキツバタを守る会

草刈りやごみ拾いを続け、今では群落も元の姿に戻りつつあるようだ。
カキツバタ

カキツバタ
は花に網目がなく、水中や湿った場所で育つ。

アヤメは外側に花びらに黄色の模様があり、網目なし、かわいた場所で育つ。

菖蒲は花に網目がなく、湿ったところに育つ。
二反田ため池の湿地植物群落カキツバタだけではなくコウホネも沢山咲いており、7月から8月に掛けてはヤマジノホトトギス 、9月はアケボノソウとツルリンドウなど植生豊かな池なので、何度でも訪れたくなるね♪
二反田ため池の湿地植物群落撮影の際は望遠レンズが必須だ。
INDEX

二反田ため池の湿地植物群落

旅をした日
2006年05月15日
2009年05月14日
2014年05月21日
……………………………………… 文化財
県指定天然記念物
……………………………………… 駐車場
停められるスペースあり
……………………………………… 周辺の立ち寄りスポット
木間菖蒲園
……………………………………… 最終更新日
2020/10/22
内容一部変更


アクセスマップ