山口県の観光スポット、穴場スポット、グルメ&お土産情報を紹介しています。桜や紅葉、四季の花々等、目的別の旅もおすすめ。

本州最西端に位置し、三方を海に囲まれ自然美にあふれた山口県。
今日はどこを旅してみようかな♪

山口県の風景(防府市)

向島小学校の蓬莱桜

防府市の向島小学校の正面玄関南に生育する、樹高約8m、芽通り幹囲2.55m、
根回り約4.4mの寒桜の蓬莱桜。蕾は紅紫色、花は淡紅紫色で、3月上旬~中旬に開花。
寒桜はヤマザクラとカンヒザクラとの種間雑種である園芸種で、開花時期が早いのが特徴。
地元でも早咲きの桜として有名で、毎年、小学校の卒業式の時期に満開を迎えています。

2018年10月8日、蓬莱桜として新種の園芸品種に認定されました。
桜の新種認定は全国では14号目で、山口県内では初ということです。

向島小学校の蓬莱桜

小学校の平日は授業が行われているにも関わらず、一般公開されている蓬莱桜(ほうらいざくら)。見学する際は、児童の安全の支障にならないように配慮しなければならない。

尚、卒業式当日は午前中は見学できないようだ。
向島小学校の蓬莱桜県内には寒桜の記録がないようで、幹周りは県内の桜で10位以内には入るとのこと。向島小学校の寒桜に関する詳細な記録と沿革は不明で、約100年前に当時の卒業生が植樹したという話があるそうだ。
向島小学校の蓬莱桜蓬莱桜
寒桜の名称である蓬莱桜(2009年命名)の由来は、向島は以前、瀬戸内海を往来する船舶から蓬莱島と言われていたことから。防府市指定天然記念物。
向島小学校の蓬莱桜

ここは本当に小学校の校庭かな?と思ってしまうほど多くの一般市民が見学に訪れている。

中にはコンビニで購入した弁当などを持ち込んで花見をしている人もいる。
向島小学校の蓬莱桜蓬莱桜の根元にはロープが設置されており、おの周辺はツツジの栽培が行われている。幹の周囲の地面の保護し桜が養分を吸収しやすくするためだそうだ。
向島小学校の蓬莱桜毎年、卒業生を送り出す蓬莱桜。
次世代の子供達もこの桜に送り出されるように、しっかりと保存されていくことを願っている。
蓬莱桜二世蓬莱桜とは反対の校庭隅には蓬莱桜二世を移植。二世の移植は台風の被害を避けるためのもので、募金活動を経て平成2009年1月に移植。
向島小学校の蓬莱桜

滅多にない土曜休みだった2018年3月17日。ぼちぼち向島小学校の蓬莱桜が見頃だろうと思ったので旅してきましたよ。

そういえば、土日に来るのは始めてだな。
向島小学校の蓬莱桜向島小学校の蓬莱桜

それにしても、1本の桜だから何度来ようとアングルはどれもほとんど一緒ですな(笑)
向島小学校の蓬莱桜まあぶっちゃけ気にしたことはないんだけど、こうやってホームページで紹介となると悩んでしまう。
蓬莱桜フレーム切手

校庭で売られていたフレーム切手。
地元の蓬莱桜保存会の設立10周年を記念した写真コンテストの受賞作品11点が使用されている。

こういうのを見たらね、欲しくなっちゃう。収集癖があるから中途半端なんだけど(笑)
INDEX

向島小学校の蓬莱桜

旅をした日
2009年03月12日
2012年03月28日
2017年03月15日
2018年03月17日
………………………………………文化財
防府市指定天然記念物
………………………………………駐車場
有り
………………………………………周辺の立ち寄りスポット
桑山公園の桜
海が見える花の園の梅
海が見える花の園の陽光桜
海が見える花の園の河津桜
………………………………………最終更新日
2021/01/11
周辺の立ち寄りスポットに
海が見える花の園の梅を追加


アクセスマップ