山口県の観光スポット、穴場スポット、グルメ&お土産情報を紹介しています。桜や紅葉、四季の花々等、目的別の旅もおすすめ。

本州最西端に位置し、三方を海に囲まれ自然美にあふれた山口県。
今日はどこを旅してみようかな♪

山口県の風景(山口市)

稔畑(うつぎはた)のノハナショウブ自生地

山口市棯畑の山中(標高380m)の湿地帯にある、ノハナショウブ自生地。
ノハナショウブは花菖蒲の野生の品種で、アヤメ科の多年草植物です。山中の為か、平地の花菖蒲の名所と比べて見頃はやや遅めの6月中旬。

山口県指定天然記念物であり、自生地の周囲は柵で囲まれています。

稔畑のノハナショウブ自生地下小鯖の鳴滝を左に見ながら県道27号線を走り、棯畑(うつぎはた)地区の山中にある自生地。
稔畑のノハナショウブ自生地県道27号線はほとんどの区間が狭い道の為、訪れる人は少ないと思われる。要はマイナーということで、静かでのんびりできる。
稔畑のノハナショウブ自生地自生地なので何株あるかは分からないけど、大方見頃ではないかと思う。花の痛みもほとんどなく、とてもきれいだった。
稔畑のノハナショウブ自生地稔畑のノハナショウブ稔畑のノハナショウブ

自生地周囲は柵で囲まれているので、コンデジでは個体の撮影はなかなか難しい。
柵のすぐ傍できれいに咲いていたら撮れるんだけどね。
稔畑のノハナショウブ

自生地ゆっくり観賞できるよう、いくつかベンチも設置されている。

誰もいない正午だったので、寝転がってのんびりした。花もいいんだけど、鳥の囀りが良い雰囲気。
稔畑のノハナショウブ

自然溢れる山中の中での観賞は気持ちがいいけど、雨の影響で足場がぬかるんで場所が多々ある。見頃が梅雨時季なので靴は選んだ方がいいかも。

あと、2009年7月21日の集中豪雨の被害で、27号線沿いの川は土石流が流れ込んだままの状態だったな。
INDEX

稔畑のノハナショウブ自生地

旅をした日
2010年06月16日
………………………………………駐車場
有り(道は狭いので注意)
………………………………………文化財
山口県指定天然記念物
………………………………………周辺の立ち寄りスポット
鳴滝
………………………………………最終更新日
2021/04/24
内容一部変更


アクセスマップ