山口県の観光スポット、穴場スポット、グルメ&お土産情報を紹介しています。桜や紅葉、四季の花々等、目的別の旅もおすすめ。

本州最西端に位置し、三方を海に囲まれ自然美にあふれた山口県。
今日はどこを旅してみようかな♪

山口県の風景(下関市)

ナイスビューパーク

本土と彦島を結ぶ彦島大橋そばの高台にある公園、ナイスビューパーク。
元は彦島有料道路のパーキングエリアであり、1995年3月22日に開通20周年を記念して、オランダ風車「ひこしま風丸くん」も完成。

ナイスビューパークからは響灘、北九州、六連島が展望でき、
5月にはつつじを楽しむことができる休憩スポットとなっています。

2018年12月、ひこしま風丸くんは老朽化の為解体となりました。

ナイスビューパーク

国道252号線沿いで、本土と彦島を結ぶ元有料道路のそばにある公園。元パーキングエリアというだけあって結構な広さがある。

響灘を眺めの良さを活かすために、東屋やベンチ、そして望遠鏡が設置されている。
ナイスビューパークナイスビューパーク

2019年1月、老の山公園に梅を見に行った後、目の前を通過したときにナイスビューパークは閉鎖されていて、何かが違うと感じた。何だ?

!?

ひこしま風丸くんが無い!?

ひこしま風丸くん

こちらがナイスビューパークのシンボルだったオランダ風車ひこしま風丸くん。1階は休憩所、2階は展示場で、3、4階のベランダからは響灘を展望できる。

響灘から受けた風の力によって、電力を発電することもでき、その電力は室内灯や外灯に利用されていた。

営業時間もあって、9時から16時30分、休館日は月曜日、祝日、子どもの日・文化の日。それら以外の日は中に入れると思うんだが、いつも閉まってるような気がするが気のせいか?もしかして、現在は常時入れないようになってるのかな?

↑今までこう記していたけど、元々老朽化が進んでいて、入れないようにしていたのかもね。老朽化による破損の危険もあり、安全面を考慮し撤去を決定したとのこと。
ナイスビューパークのつつじ

4月下旬から5月上旬にかけては周辺につつじが咲いて、つつじの名所と言ってもいいくらいの規模になっていた。

もうこの光景が見られないのかあ…。ちなみに新たな施設の建設予定はないとのこと。
ナイスビューパークのつつじナイスビューパークのつつじ

ひこしま風丸くんとつつじのショットも絵になってるよね♪
おまけに響灘も眺められる。
ナイスビューパークのつつじ

ひこしま風丸くん撤去と敷地整備とあるから、もしかしたらつつじも見れなくなる可能性もあるな。

機会があれば確認しに旅をしてみよう。
ナイスビューパークのつつじ響灘と六連島

響灘に浮かぶ六連島をベンチに座って、のんびり眺めますかあ。

六連島
彦島の北西約5kmに浮かぶ溶岩台地の島。島内には、日本最古級の洋式灯台や雲母玄武岩などの名所旧跡が多く残されている。島の花と知られるキク、カーネーション、ガーベラなどの花卉のハウス栽培が盛んで、瓶詰めウニの発祥の地でもある島。

島内には釣りの好スポットも多くあり、釣り客にも人気のある島。

ナイスビューパークのつつじナイスビューパークのつつじ

道路を挟んで反対側にはつつじの名所としても知られる老の山公園がある。
こちらも満開ならば、5月上旬は彦島のつつじが満喫できる旅になりそうだ♪
2013年4月27日は、老の山公園のつつじの見頃はまだまだだったけどね。
INDEX

ナイスビューパーク

旅をした日
2008年09月08日
2013年04月27日
………………………………………駐車場
有り
………………………………………周辺の立ち寄りスポット
老の山公園(リニューアル後)
老の山公園(リニューアル前)
ひこっとらんどマリンビーチ
………………………………………最終更新日
2021/04/16
内容一部変更


アクセスマップ