山口県の観光スポット、穴場スポット、グルメ&お土産情報を紹介しています。桜や紅葉、四季の花々等、目的別の旅もおすすめ。

本州最西端に位置し、三方を海に囲まれ自然美にあふれた山口県。
今日はどこを旅してみようかな♪

山口県の風景(美祢市)

別府弁天池

厳島神社の境内にある別府弁天池は不思議なほど青く透き通っており、
日本名水百選に選定されています。毎秒186リットル、毎分11tの水が湧き出て、水温は14度、水深は4m。

現在この水は飲料水と養鱒場に使われており、
この水を飲用することで長寿が保たれ財宝がさずかると言い伝えられています。
また、お食事処「泉流庭」では、にじますを使用した料理を味わうことができます。

別府弁天池

美祢市の見所と言えば秋吉台や秋芳洞だが、もう一つ忘れてならないのが別府弁天池。

カルスト台地から青く澄みきった水が湧き出ており、水温は年間を通じて14度。夏でも周辺は涼しい環境だ。秋吉台を観光するときは、別府弁天池に立ち寄る人も多い。
別府弁天池

別府弁天池が人気なのは、なんといってもこの青く澄みきった水。 名水と言われる透明な水の名所は多いけど、青、いやコバルトブルーは珍しい。

カルスト台地で長い時間をかけて濾過された伏流水で、ミネラルやカルシウムを多く含んでいる。
別府弁天池なぜコバルトブルーに見えるのだろうか。
ミネラル分を含んだ水が太陽光線7色の屈折率を変化させると6色は水に吸収され、残った青色が反射しているからだそうだ。
別府弁天池

昔この地方を開拓したが水に困り、諏訪大明神に祈ったところ、「弁天様を祀り、青竹を杖として、水の源を探し求めよ」というお告げを受ける。

それからまもなく清らかな水が発見されたという伝説が残り、長門の国七不思議にも数えられている。
別府弁天池

水がきれいでとても涼しい場所。平日の昼頃はここで弁当を食べている人も見かけた。

透明度の高い弁天池の水は、飲料、鱒の養殖に使用されている。隣の養殖場には釣り堀もあり、釣った鱒を料理してもらうこともできる。昼食にどう?
別府弁天池2018年は明治維新150年ということで、維新旅をメインでしてたけど、久しぶりに弁天池を見たくなったので7年ぶりに立ち寄ってみた。
別府弁天池

2018年の夏は異常と言えるほど猛烈な暑さが続いているから、少し身体を冷やそうという意味もあったが。水温が低いから周辺は涼しいんだよね。

その水温は14℃。手を浸けてみると冷た~い! 気持ちがいい。でも、冷たすぎてすぐに痛くなる(笑)
別府弁天池

では、一番きれいに見える時間帯や条件は何だろうか。これはあくまでも体感なんだけど、正午~13時が一番良いような気がする。

午後は木々が太陽の光を遮るので暗く感じてしまう。
不老長寿の水不老長寿の水

一杯飲めば一年、二杯飲めば二年長生きするといわれている、不老長寿の水。
別府弁天池はパワースポットですな。
名水弁天池駐車場には水汲み場がある。ミネラルウォーターとして体内の毒素を浄化する作用があるとのこと。浄財箱があるので100円を投じておこう。
弁天池とミネラルウオーターなお、お食事処の弁天会館で弁天池のラベルが貼られたペットボトルが販売されている。手持ちに名水を入れるものがなければ買ってみよう。
弁天池弁天の湧水に感謝の意を込めた念仏踊りもあり、毎年9月の祭礼に奉納されているんだとか。念仏踊りは、山口県無形文化財に指定。
弁財天(女神)

弁財天(女神)
古来、安芸の宮島、大和の天の川、近江の竹生岳、相模の江の岳、陸前の金華山を五弁天と称し、学芸の女神で元は河川を神格化したもの。

水の湧水に感謝し、この地に弁財天を奉献。
泉流庭

さて、前から気になっていたお食事処の「泉流庭」。定休日が月曜日なので、旅のメインである水曜日でも食べれるのだ!

水曜日休みのお店って多いからね。
泉流庭というわけで、昼食は泉流庭に決定。営業時間は10:00~17:00。14時頃に行くと昼時を過ぎていたので他にお客はいなかった。
ニジマス定食

泉流庭おすすめのにじます定食1,500円を注文。にじますの塩焼きやフライ、せごしが付いている。もちろん単品でも頼めるけど、にじますの唐揚げ頼み忘れちゃったなあ。

じかいは食べてみよう。別途パック代を払えばお持ち帰りもできるようだ。
INDEX

別府弁天池

旅をした日
2006年06月03日
2007年05月29日
2010年11月17日
2011年05月18日
2018年07月18日
2020年11月04日
………………………………………料金
見学自由
………………………………………駐車場
有り(無料)
………………………………………お食事処「泉流庭」
営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜日
………………………………………日本百選
名水百選(1985年)
………………………………………周辺の立ち寄りスポット
白水の池(3.6km・約7分)
道の駅おふく(5.4km・約10分)
………………………………………最終更新日
2021/06/03
写真を3枚追加


アクセスマップ