山口県の観光スポット、穴場スポット、グルメ&お土産情報を紹介しています。桜や紅葉、四季の花々等、目的別の旅もおすすめ。

本州最西端に位置し、三方を海に囲まれ自然美にあふれた山口県。
今日はどこを旅してみようかな♪

山口県の風景(萩市)

龍鱗郷

平成3年(1991年)、道路工事中に発見された玄武岩柱状節理。

全体の印象が龍の鱗のようで、地域に伝わる神楽舞の蛇を連想することから
龍鱗郷(りゅうりんきょう)とも呼ばれています。

龍鱗郷車を走らせていたら、目の前に現れた大きな玄武岩柱状節理。駐車場と展望台もあるので、開けた場所からしっかりと眺めてみよう。
龍鱗郷今から約3000万年前に噴火、流失した溶岩が冷えて安山岩が形成。その後、かつてこの地域を流れていた古田万川により侵食され、河底に磯・砂が堆積。
龍鱗郷今から約200~10万年前、山陰地方は火山活動の場となり、各地で溶岩が噴出。一部の溶岩が古田万川の河底に流入し、水蒸気爆発を起こして破砕。水中自破砕溶岩の層が形成される。
龍鱗郷その後、乾陸化した古田万川に沿って噴出した溶岩が冷却、固結して、玄武岩ができあがり、乾陸化で冷却したため体積収縮によって柱状節理が生成された。
龍鱗郷ちなみに、愛称の「龍鱗郷」は、平成10年3月卒業の小川中学校生徒が考えたものとのこと。
INDEX

龍鱗郷

旅をした日
2005年07月28日
2006年07月27日
………………………………………駐車場
有り
………………………………………周辺の立ち寄りスポット
畳ヶ淵
尊正寺のエドヒガン
道永の滝
………………………………………最終更新日
2021/04/01
周辺の立ち寄りスポットに
尊正寺のエドヒガンを追加


アクセスマップ