山口県の観光スポット、穴場スポット、グルメ&お土産情報を紹介しています。桜や紅葉、四季の花々等、目的別の旅もおすすめ。

本州最西端に位置し、三方を海に囲まれ自然美にあふれた山口県。
今日はどこを旅してみようかな♪

山口県の風景(光市)

西河原緑地公園のつつじ

南北に長く延びる公園で、川遊びやお花見が楽しめる市民憩いの場、西河原緑地公園。
5月初旬にはつつじが見頃を迎えます。

西河原緑地公園市街地を流れる川とは思えないほどに透き通っている。川遊びもできるし、市民憩いの場というのも納得。
西河原緑地公園のつつじ西河原緑地公園は南北に長く延びている。散歩にも良さそうだ。
西河原緑地公園のつつじ

東屋もあるね。
2017年の桜旅の際に訪れた際は、ここで花見をしている人がいた。

テーブルはなくてベンチのみだけど、弁当を食べるにはいい場所だ。
西河原緑地公園のつつじ西河原緑地公園は桜の名所として知られているけど、つつじの見応えもあると思う。
西河原緑地公園のつつじただ、長く延びる公園に沿って咲き誇っているので、園内からは少し見づらいか。
西河原緑地公園のつつじ西河原緑地公園のつつじ

眺めて楽しもうと思えば道路側からがいい。
車の通りも少ないので、それほど危険ではないし。
西河原緑地公園のつつじ西河原緑地公園のつつじ

ヒラドつつじの名所も色々見てきたけど、西河原緑地公園は好きな名所の一つ。
西河原緑地公園のつつじ咲きたての満開といった感じで花の痛みもなく、とにかくきれいだったのが印象的。
西河原緑地公園のつつじ最後に、公園そばに掲げられている「猿まわし発祥地」の看板。え? 猿まわしって光市が発祥地なのか!?
西河原緑地公園のつつじ看板の案内通り500m進んでみたけど、何かを見つけたとかはなかったなあ。相変わらずきれいなつつじが咲いているだけだ。つつじに見惚れて見逃したか!?(笑)

調べてみると、猿まわしは江戸時代では全国各地に存在していたけど、大正時代になると
東京で廻しているのは主に山口県の熊毛郡出身者になり、昭和初期になると、猿まわしを営むのは光市のみとなったらしい。その光市でも昭和30年代に消滅。

その後、俳優の小沢昭一が日本全国の放浪芸を調査した際に光市の猿まわしと出会い、
昭和53年に「周防猿まわし会」(光市無形民族文化財)を発足させたとのこと。
なるほど、それならば発祥の地とも言えますな。
INDEX

西河原緑地公園のつつじ

旅をした日
2013年05月02日
………………………………………駐車場
無し
………………………………………西河原緑地公園の見どころ

………………………………………周辺の立ち寄りスポット
虹の鯉のぼりプロジェクト
虹ヶ浜海水浴場渚のライトアップ浅江神社のしゃくなげ苑
浅江小学校の枝垂桜
………………………………………最終更新日
2020/02/13
周辺の立ち寄りスポットに
浅江小学校の枝垂桜を追加


アクセスマップ