山口県の観光スポット、穴場スポット、グルメ&お土産情報を紹介しています。桜や紅葉、四季の花々等、目的別の旅もおすすめ。

本州最西端に位置し、三方を海に囲まれ自然美にあふれた山口県。
今日はどこを旅してみようかな♪

山口県の風景(山口市)

常栄寺雪舟庭の紅葉

常栄寺の庭園は、大内氏が別荘として雪舟に築庭させたと伝えられ、国の史跡名勝に指定。庭園は本堂のすぐ前面は中国大陸を象徴したといわれ、三山五嶽を配して、富士山を似って日本を表しています。その他にも、心字池、四仙島、十六羅漢の石組、坐禅石などがあり、内庭全面は芝生で覆い、一木も用いず、わずかなさつき、つつじを植え込んで、山林雲煙を表現しています。

紅葉シーズンには、境内をはじめ、庭園横の竹林にあるもみじが紅く染まり、
いつもとは違った雰囲気の庭園が楽しめます。

雪舟像

雪舟(1420〜1506)
応永27年(1420)、備中赤浜(現在の岡山県総社市)に生まれ、幼くして井山宝福寺へ入り僧となる。

京都の祖国寺で水墨画を画僧周文から学んだのち、当時有力な守護大名であった大内氏の招きで山口の雲谷庵に居を移す。その後、中国(明)で2年間を過ごし、水墨画の神髄を探求した。
雪舟庭の紅葉

帰国後は豊後(大分県)に一時画楼をかまえるが、再び山口に戻り、雲谷庵を拠点として石見(島根県)などへ活躍の場を広げて多数の作品を創作した。

また画ばかりではなく、庭園も手掛けたといわれ、ここ常栄寺の庭園も雪舟作とされている。
常栄寺雪舟庭の紅葉常栄寺雪舟庭の紅葉

本堂の陰で少し肌寒いけど、座ってゆっくり楽しみたい庭園と紅葉。
常栄寺雪舟庭夏は少し涼しくて見やすいかな。雰囲気があっていいなこういった光景は。
常栄寺雪舟庭の紅葉雪舟庭での紅葉は、横にある竹林周辺がメイン。
常栄寺雪舟庭の紅葉その竹林そばに遊歩道があり、雪舟庭を周回することができる。それにより、様々な角度から雪舟庭を鑑賞することができる。
常栄寺雪舟庭の紅葉常栄寺雪舟庭の紅葉

外から見る紅葉も雰囲気があったけど、平成24年(2012)に前庭「無隠」が作庭されると
この辺りまでは近づけなくなっていた。
常栄寺雪舟庭の紅葉紅葉のライトアップも行われているようなので、いつかは見てみたいな。
常栄寺雪舟庭

本堂と池泉の間が芝生の枯山水となっている。
庭園だけを見るならどちらかというと夏が好きかなあ。
南溟庭(なんめいてい)こちらは、南溟庭(なんめいてい)。
雪舟が帰国するまでに往復した海をイメージされており作庭家の重森三玲が昭和43年(1968)に築庭。
常栄寺雪舟庭の紅葉常栄寺雪舟庭の紅葉

竹林側一番奥からなら、紅葉と池泉が一緒に撮りやすい。
正面の次に良い撮影ポイントだ。
常栄寺雪舟庭の紅葉茶堂にてお抹茶サービス(有料)が利用できる。散策後にでも利用してみてはいかがかな。
INDEX

常栄寺雪舟庭の紅葉

旅をした日
2005年06月10日
2007年11月24日
2010月06日11日
2012年11月18日
2014年11月16日
………………………………………開園時間
8:00~16:30
………………………………………定休日
無休
………………………………………入場料
大人:300円
学生(高・中):200円
小学生以下:無料
………………………………………駐車場
無料
………………………………………周辺の立ち寄りスポット
清水寺の紅葉
野田神社
八坂神社の桜
雲谷庵
香山公園の梅と桜
香山公園の紅葉
………………………………………最終更新日
2020/11/16
周辺の立ち寄りスポットに
清水寺の紅葉を追加


アクセスマップ