山口県の観光スポット、穴場スポット、グルメ&お土産情報を紹介しています。桜や紅葉、四季の花々等、目的別の旅もおすすめ。

本州最西端に位置し、三方を海に囲まれ自然美にあふれた山口県。
今日はどこを旅してみようかな♪

山口県の風景(萩市)

吉部八幡宮の大杉

吉部八幡宮は、延長8年(830)、豊前国宇佐宮より当村吉部宮ノ原に勧請されました。その後、建久年間(1190~1199)に現在地、亀尾山に遷されたと伝えられています。吉部八幡宮の境内にそびえたつ大杉は参道両脇に各1本、社殿に向かって右側に1本の計3本。

一ヶ所に3本もの巨木が揃うのは全国でも珍しく、県指定天然記念物に指定されています。樹齢は500年と推定されており、長い月日村を見守り続けています。

吉部八幡宮の大杉鳥居をくぐり、緑に囲まれた参道を歩けば見えてくる大杉。新緑の5月や、夏に訪れてみると雰囲気があっていいかもしれない。
吉部八幡宮の大杉

木々の囲まれた参道を歩き階段を上がると、2本の大きな杉が出迎える。

本堂に向って中段にあるこの杉の大きさは、左側・目通り周囲6.97m・樹高約33m。右側・目通り周囲6.71m・樹高約31m。近づけば見応え十分だ!
吉部八幡宮の大杉もう1本は社殿の右横に。こちらは参道の2本に比べて細い。
吉部八幡宮の大杉500年以上もの長い月日、村を見守り続けてきた3本の大杉。500年か…、景色はどのような変化を見せたのだろうか。大杉を見ていると、色々な景色が浮かんでくる。
吉部八幡宮から見た田園風景

セミの鳴き声を聞きながら参道を抜けると、目の前に広がる田園風景と青い空。

萩市むつみにはひまわりロードもあるので、夏に訪れるのが一番いいかもしれないな。
INDEX

吉部八幡宮の大杉

旅をした日
2006年07月26日
………………………………………駐車場
有り
………………………………………文化財
県指定天然記念物
………………………………………周辺の立ち寄りスポット
雲林寺(猫寺)
奥阿武宰判勘場跡
ひまわりロード2005~2018
むつみの菜の花畑と芝桜
むつみ昆虫王国
辻山のシダレザクラ
………………………………………最終更新日
2021/05/12
内容一部変更


アクセスマップ