山口県の観光スポット、穴場スポット、グルメ&お土産情報を紹介しています。桜や紅葉、四季の花々等、目的別の旅もおすすめ。

本州最西端に位置し、三方を海に囲まれ自然美にあふれた山口県。
今日はどこを旅してみようかな♪

山口県の風景(下関市)

長府毛利邸の紅葉

長府毛利邸は、長府毛利家14代当主の毛利元敏公が東京から下関市に帰住した際に建てた
邸宅で、明治36年(1903)に完成した後、大正8年(1919)まで長府毛利家の邸宅として使用されました。

長府毛利邸の秋の名物企画で10月、11月の日・祝限定で総重量20kgの甲冑や、官女衣装の着付け体験が行われており、長府毛利邸の紅葉の下で記念撮影ができます。

長府毛利邸

長府毛利邸は大正8年(1919)まで長府毛利家の邸宅として使用されており、明治天皇も宿泊したことがあり一部の部屋は当時のまま残されている。

2月から3月にかけて、長府おさげものひなまつりが開催されている。
長府毛利邸の紅葉長府毛利邸は紅葉名所としても知られており、白壁と紅葉が映える。
長府毛利邸の紅葉長府毛利邸の庭園を見るには210円かかるけど、
外からでも紅葉は見れる。入る前から期待できる光景だ
長府毛利邸の紅葉長府毛利邸の縁側で座ってのんびり紅葉を眺めている人が多いね。日陰になるとちょっと肌寒いけど。
長府毛利邸の紅葉長府毛利邸の紅葉

なかなかの眺め。
母屋には給茶機があり、自由に飲める。そう、お茶を飲みながら紅葉を楽しめる。
長府毛利邸の紅葉庭園には自由に散策することができる。入場で一旦は毛利邸に入るが、裏口からスリッパに履き替えて出ることができる。
長府毛利邸の紅葉長府毛利邸の紅葉

庭園の池に紅葉、つわぶきも咲いているので風情があっていいね。
長府毛利邸の紅葉紅葉の下で佇む官女衣装の人。まったく知らなかったんだけど、10月、11月の日・祝限定で総重量20kgの甲冑や、官女衣装の着付け体験が行われているんだね。
長府毛利邸の紅葉

うむ、これは最高の旅の思い出になるではないか。他県の観光客にいいかもしれないね。

カップル限定で高杉晋作とおうの、坂本龍馬とおりょうに扮して城下町歩きもあるようだ。
長府毛利邸の紅葉

事前申し込みは必要ないみたいだけど、衣装の数には限りがあるようなので先着順だ。開始が10:00~15:30(受付は14:30まで)ということなので、興味があればぜひ受付をしてみよう。

甲冑:1,500円
甲冑以外:1,000円
長府毛利邸最後に、こちらは明治天皇ご宿泊の間。明治天皇は明治5年(1872)と、明治35年(1902)の2度下関を訪問されている。
長府毛利邸の紅葉長府毛利邸の周辺は功山寺長府城下町長府庭園覚苑寺と紅葉名所が多いので、きっと一日紅葉が楽しめる旅になるだろう。
INDEX

長府毛利邸の紅葉

旅をした日
2005年11月26日
2007年11月25日
2012年11月21日
………………………………………営業時間
9:00~17:00
………………………………………入場料
大人:210円
小人:100円
………………………………………定休日
12月28日~1月4日
………………………………………駐車場
周辺に有料駐車場あり
1日:200円
長府観光会館駐車場は無料
徒歩で約10分
………………………………………長府毛利邸の見どころ
長府おさげものひなまつり
………………………………………周辺の立ち寄りスポット
功山寺の桜
功山寺の紅葉
城下町長府の紅葉
壇具川の桜とマガモたち
覚苑寺の紅葉
長府庭園の紅葉
………………………………………最終更新日
2020/10/29
新規追加


アクセスマップ