山口県の観光スポット、穴場スポット、グルメ&お土産情報を紹介しています。桜や紅葉、四季の花々等、目的別の旅もおすすめ。

本州最西端に位置し、三方を海に囲まれ自然美にあふれた山口県。
今日はどこを旅してみようかな♪

山口県の風景(下関市)

長府庭園の花菖蒲と紫陽花

長府庭園は毛利藩の家老格だった西運長(にしゆきなが)の屋敷跡で、
小高い山を背にした敷地には池を中心に書院・茶室・あずまやが残されています。

6月中旬は菖蒲池で約30種3,000本の花菖蒲観賞が楽しめ、「三の蔵」近くでは、斜面の約300平方メートルに紫陽花が植えられており、毎年少しずつ本数が増えながら6月下旬まで見ごろを迎えています。

長府庭園の花菖蒲長府庭園の花菖蒲

なかなか見応えがある長府庭園の花菖蒲。木道を歩いての観賞も雰囲気があっていい。
長府庭園の花菖蒲

ショウブ池周辺は小川があるので、せせらぎの音を聴きながら鑑賞ができる。

流れに勢いがあって音は結構響くので、静寂の中でという感じではないかな。
長府庭園の花菖蒲

庭園周辺に少しだけ花菖蒲を発見。2016年は菖蒲池で見かけた花菖蒲はこんな感じでほんのちょっとという感じだった。遅すぎちゃったのかな?

というか、初めから植えられていないような気がした…
長府庭園の花菖蒲とりあえず、またいつか満開の花菖蒲を見てみたいな。
長府庭園の紫陽花菖蒲池のやや手前の竹林前には、紫陽花も植えられている。
長府庭園の紫陽花毎年少しずつ本数を増やしているそうだ。
長府庭園の紫陽花小川のせせらぎをききながら紫陽花を観賞。水はあまり冷たくないかな。
長府庭園の紫陽花せせらぎの音が心地いい。暑いけど(笑)
長府庭園の紫陽花長府庭園で紫陽花を撮るなら書院と一緒がいいよね。ただ、書院周辺は紫陽花は少ない。
長府庭園の花菖蒲6月中旬に下関を訪れるなら、長府庭園に立ち寄ってみてはいかがかな?
INDEX

長府庭園の花菖蒲と紫陽花

旅をした日
2008年06月18日
2009年06月08日
2016年06月15日
………………………………………営業時間
9:00~17:00
………………………………………定休日
12月28日~1月4日
………………………………………入園料
大人:210円
小人:100円
………………………………………駐車場
無料(230)台)
………………………………………長府庭園の見どころ
紅葉
………………………………………周辺の立ち寄りスポット
関見台公園
豊功神社
壇具川の桜とマガモたち
長府毛利邸の紅葉
功山寺の桜
功山寺の紅葉
………………………………………最終更新日
2021/06/01
内容一部変更


アクセスマップ