山口県の観光スポット、穴場スポット、グルメ&お土産情報を紹介しています。桜や紅葉、四季の花々等、目的別の旅もおすすめ。

本州最西端に位置し、三方を海に囲まれ自然美にあふれた山口県。
今日はどこを旅してみようかな♪

山口県の風景(宇部市)

ときわ公園・呼応する森


ときわ公園で開催された、森の木々がライトアップされる「呼応する森」。
手掛けたのはデジタルアート集団「チームラボ」で、
鑑賞者が近くを通ると、光の色を変化させ色特有の音色を響かせるというもの。




呼応する森このイベントはどれくらいの人出か
分からなかったので、
「お盆過ぎなら少しは人も少なくなったかな?」
なんて考えで行ってみたんだけど、
甘かったよね。結構な数でした(笑)

入場料が発生するので、駐車場から桜山へは
バリケードがされていて進入不可能になっている。

入場ゲートからメイン場所までの道にも木々が光り、音色が響き渡る。


呼応する森呼応する森

呼応する森呼応する森

呼応する森

写真を見ても分かるように、次々と光が変化している。
色特有の音色も響き、まさに呼応する森。

これは写真で撮るよりも、動画で撮る方がいいのかもしれない。
と言っておきながら、普段動画を撮るクセがついていないから撮っていない(笑)


呼応する森呼応する森

色んな色の組み合わせがきれいなんだけど、一色でも悪くない。
ただ、赤とオレンジ色だけはうまく撮れなかったなあ。
花でも赤は苦手だ。


呼応する森呼応する森

さすがは夏休みといったところで、カップルよりも家族連れが多い。
子どもたちが走り回って楽しそうだ。

もしかして人が多いから色の変化が激しいのかな?
人が近づくと光の色や音が変化するというくらいだから。


呼応する森呼応する森

呼応する森呼応する森

呼応する森呼応する森

色々な光が入るように撮るのに苦労しました(笑)


呼応する森呼応する森

呼応する森
呼応する森の開催は、
平成28年7月22日〜8月28日までで、
展示時間は19:00〜22:00。
入場料が一般300円、高校生以下は無料。
小学生以下は保護者同伴でなければ入場できない
ようになっている。

真夏の旅は日中動き回ると、夜は出かけられないほど体力が落ちる。
だから体力温存しての夜限定旅だったんだけど、けっこう疲れたな。
近所なのに(笑)

もうちょっと体力付けないとね☆



INDEX



ときわ公園・呼応する森


旅をした日
2016年8月17日
………………………………………
呼応する森開催期間
平成28年7月22日〜
平成28年8月28日
展示時間
19:00〜22:00
入場料
一般300円
高校生以下は無料
小学生以下は保護者同伴のみ可
………………………………………
遊園地営業時間
3月16日〜10月15日
9:30〜18:00

10月16日〜3月15日
10:00〜17:00
………………………………………
遊園地休業日
毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
GW、春、夏、冬休みは除く
………………………………………
入園料
無料
………………………………………
駐車場(普通自動車)
15分 無料
2時間 200円
3時間 300円
4時間 400円
24時間 500円
………………………………………
日本百選
日本の都市公園100選(1989年)
日本さくら名所100選(1990年)
………………………………………
ときわ公園の見どころ
菜の花
桜(リニューアル前)
藤棚
つつじ
ぼたん
花菖蒲
紫陽花
………………………………………
周辺の立ち寄りスポット
西岐波大沢西地区のコスモス畑
………………………………………
最終更新日
2018年6月9日
ときわ公園の見どころに
花菖蒲を追加


アクセスマップ