山口県の観光スポット、穴場スポット、グルメ&お土産情報を紹介しています。桜や紅葉、四季の花々等、目的別の旅もおすすめ。

本州最西端に位置し、三方を海に囲まれ自然美にあふれた山口県。
今日はどこを旅してみようかな♪

山口県の風景(宇部市)

世界を旅する植物館のひまわり

ときわ湖を中心に広がる「ときわ公園」内の、ときわミュージアム世界を旅する植物館。
コンセプトは「世界を旅し、感動する植物館」で、原産地の植生を意識した8つのゾーンに特徴的なシンボルツリーを植栽しています。

2021年5月、世界を旅する植物館の特別展示室で開花調整をしたミニひまわり「サマーサンリッチ」が展示されました。

世界を旅する植物館2021年5月は3回も世界を旅する植物館を旅しましたなあ。この日はゴテチャの花を楽しんだ後だ。
特別展示室この日の目的は特別展示室に展示されているひまわり。
サマーサンリッチ5月にひまわり!?
まさか、5月にひまわりを見られるとは思いもしませんでしたなあ。
サマーサンリッチ4月の初めに種まきをして、温室で育てらしい。
サマーサンリッチ品種はミニひまわり「サマーサンリッチ」。
サマーサンリッチサマーサンリッチ

5月に3回も旅をすると、毎回の駐車料金と入園料がちょっと痛かったなあ(笑)
植物館年間パスポート(一般:900円)を買うといいかもしれないね。
熱帯アジアゾーン熱帯アジアゾーンではある花が見頃を迎えていた。
デンドロビウム ガットンサンレイデンドロビウム ガットンサンレイ。
デンドロビウムだと!?
デンドロビウムガットンサンレイ一番好きなガンダム作品が0083で、GP-03デンドロビウムが好きなのでついつい反応してしまった(笑)
デンドロビウムガットンサンレイ花言葉は「わがままな美人」。
サマーサンリッチ

世界を旅する植物館は規模はそこまで大きくはないんだけど、歩いて見るとなかなか楽しい。

植物館年間パスポートを買ってみてはいかがかな?
INDEX

世界を旅する植物館のひまわり

旅をした日
2021年05月30日
………………………………………世界を旅する植物館営業時間
9:30~17:00
………………………………………世界を旅する植物館入館料
一般:300円
70歳以上:200円
高校生以下:無料
………………………………………世界を旅する植物館休館日
火曜日(祝日は開館、翌日休館)
………………………………………遊園地営業時間
9:30~17:00
………………………………………遊園地休業日
毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
GW、春、夏、冬休みは除く
………………………………………入園料
無料
………………………………………駐車場(普通自動車)
15分 無料
2時間:200円
3時間:300円
4時間:400円
24時間:500円
………………………………………日本百選
日本の都市公園100選(1989年)
日本さくら名所100選(1990年)
………………………………………ときわ公園の見どころ
菜の花

桜ライトアップ
桜(リニューアル前)
芝桜
藤棚
牡丹と芍薬
つつじ
花菖蒲
紫陽花
ひまわり
………………………………………世界を旅する植物館の見どころ
アーモンドの花
宇部小町(特別展示室)
バラ
………………………………………周辺の立ち寄りスポット
常盤湖本土手の滝
西岐波大沢西地区のコスモス畑
山口宇部空港のバラ園
………………………………………最終更新日
2022/05/06
新しく追加


アクセスマップ