山口県の観光スポット、穴場スポット、グルメ&お土産情報を紹介しています。桜や紅葉、四季の花々等、目的別の旅もおすすめ。

本州最西端に位置し、三方を海に囲まれ自然美にあふれた山口県。
今日はどこを旅してみようかな♪

山口県の風景(宇部市)

ときわ公園のぼたん苑と芍薬

ときわ湖を中心に広がる「ときわ公園」は、「日本の都市公園100選」や
桜の名所100選」、「美しい日本の歩きたくなる道500選」に選ばれ、
宇部市のキャッチフレーズである「緑と花と彫刻のまち」を象徴するかのような公園です。

2017年11月にリニューアルした「ぼたん苑」では、休憩所として改修した茅葺屋根の憩いの家の南側に約250株(約100品種)の牡丹と、北側の芍薬花壇に約170株(約30品種)の芍薬が咲いています。

ときわ公園のぼたん苑歩いて行けるほどの距離なのに、意外と旅をしていないときわ公園のぼたん苑。リニューアル前の旅から実に5年ぶりだ。
ときわ公園のぼたん苑おお、結構変わってるね。
リニューアル前の家屋は南側にあったけど、今は北側に配置されている。
ときわ公園のぼたん苑

この家屋は旧厚狭郡楠町にあった築後100年以上の家屋をときわ公園内に1963年に移築したもので、現在は休憩所「憩いの場」として活用している。

この日は何か催しが開かれていたな。
憩いの家 催しで貸切る場合は申請書と利用料金が必要になるとのこと。

ときわ公園のぼたん苑ときわ公園のぼたん苑

和傘も立てられて風情がある風景になっているね。
この和傘の役目は牡丹を強い日差しから守るんだとか。
ときわ公園のぼたん苑なかなか見応えがあっていいね。ぼたん苑が近所にあるんだから、光市の冠山総合公園の旅が減っちゃうかも?
ときわ公園のぼたん苑ときわ公園のぼたん苑

所々にベンチが設置されているのもナイス。
平日に行けばのんびりできそうだ。日曜日はさすがに多かったよ。
ときわ公園のぼたん苑さて、こちらがリニューアル前のぼたん苑。奥に見える家屋を休憩所として改修し 、場所を変えて建て直している。
ときわ公園のぼたん苑5月上旬には約10,000株ものつつじが咲き誇る。ぼたんが満開を迎える頃は、つつじの満開にはやや早いものの一緒に楽しむことができた。
ときわ公園のぼたん苑

それだけでなく、藤の花もシャクナゲも楽しめるという豪華さ。20代後半の頃は夜勤明けでよく行っていたなあ。ご近所だし。

今は無理だな、体力なくなったし(笑)
ときわ公園のぼたん苑原産地は中国で、別称に「花王」といわれる牡丹。花言葉は「富貴」、「高貴」、「壮麗」、「恥じらい」など。
ときわ公園の芍薬ときわ公園の芍薬

ぼたんの見頃が終わると、次は芍薬が見頃を迎える。
芍薬はぼたん苑入口の芍薬花壇で咲き誇る。
ときわ公園の芍薬仕事終わって立ち寄ったみたんだけど、昼間の青空の下で見てみたかったな。
ときわ公園の芍薬芍薬ってすごく甘い香りがするんだね。まるでバラのような香りだ。
ときわ公園の芍薬

そしてぼたんとよく似ている。臭いを嗅げば判別できるけど見た目だけでは間違えてしまいそうだ。

散り方にも違いがあって、ぼたんは花びらが1枚ずつ散るのに対して、芍薬は鼻の頭ごと落ちるみたいだ。
ときわ公園の芍薬芍薬花壇にも和傘が立てられているが、やはり強い日差しから芍薬を守るためなのだろう。
ときわ公園の芍薬ときわ公園の芍薬

ぼたんと同じタイミングでは見られないだろうけど、見た目や香りなどぼたんとの違いを楽しんでみてはいかがかな。
INDEX

ときわ公園のぼたん苑と芍薬

旅をした日
2008年04月30日
2009年04月19日
2010年04月29日
2013年05月20日
2018年04月21日
2019年05月08日
………………………………………遊園地営業時間
3月16日~10月15日
9:30~18:00

10月16日〜3月15日
10:00~17:00
………………………………………遊園地休業日
毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
GW、春、夏、冬休みは除く
………………………………………入園料
無料
………………………………………駐車場(普通自動車)
15分 無料
2時間 200円
3時間 300円
4時間 400円
24時間 500円
………………………………………日本百選
日本の都市公園100選(1989年)
日本さくら名所100選(1990年)
………………………………………ときわ公園の見どころ

菜の花
桜ライトアップ
桜(リニューアル前)
芝桜
藤棚
つつじ
花菖蒲
紫陽花
ひまわり
………………………………………世界を旅する植物館の見どころ
アーモンドの花
宇部小町(特別展示室)
バラ
………………………………………周辺の立ち寄りスポット
西岐波大沢西地区のコスモス畑
山口宇部空港のバラ園
………………………………………最終更新日
2022/05/06
芍薬の写真を追加


アクセスマップ